謡象の楽団員

Top

太田佐和子

太田佐和子の画像東京都出身。4歳よりクラシックピアノを始める。東京音楽大学ピアノ科卒業。
在学中よりクラブやバーでの演奏を始める。女性だけのヨットチーム活動開始(J24クラス女子全日本レース優勝他)。2年間長野・白樺湖の乗馬牧場に住み込み、乗馬、スキー、更には蕎麦打ちまで教える。調理士と自動二輪の免許を持ち、シェフとライダー(YAMAHA SRV250現在)に変身もするサバイバル系ピアノ弾き。
シャンソンやロシア音楽等、ポップス歌手との活動も多い。銘菓 「謡象焼」 を考案中。

平良千春

平良千春の画像物心ついた頃よりアイドルに憧れ小学生時代はおニャン子クラブに入る事が夢だった。 1989年愛知県名古屋市にある劇団全映の養成所に入り演技を学ぶ。 1994年4月3日、「リスキージュエル・イメージガールコンテスト」でグランプリ獲得を機に上京。 6月にグラビア雑誌「すっぴん」にてグラビアデビュー。 1995年、一年の下積みを経て舞台デビュー。 同年SNK「ザ・キング・オブ・ファイターズ95」の麻宮アテナ役で声優デビュー。 1995~1996年、ゲームのイメージボーカルでCD発売。 1997年4月21日、ソニーレコードから念願のCDデビューを果たす。 以後、音楽ライブや演劇を中心に活動を続け2010年に劇団蝶能力を立ち上げ現在に至る。

MaU

MaUの画像 「マユさん、プロフィール下さい」「ない」「・・・」





伊東正美

伊東正美の画像 川崎市出身。12歳から作曲演奏活動を始める。19歳の時にサンフランシスコのカレッジへ。 その後サンディエゴのクラブ・ギタリスト、歌手のバックバンドの演奏、テレビ番組制作を経て、 映画監督・山川直人に出会ったのを機にテレビドラマの劇中音楽を手がけるようになる。
主な作品:「イバラードの旅」井上直久画、山川直人監督(テレビ朝日)、「捜査四課対広域暴力団」早川善貴監督(東映) 、 「大平光代講演会」(野間教育研究所)、舞台劇「鏡」高野和明脚本、山崎哲演出、三田村邦彦主演(俳優座・グローブ座)、 映画「時の香り~リメンバーミー~」山川直人監督、吹石一恵、斉藤工主演、 「グラウエンの鳥籠」秋元康企画、高野和明脚本、吉野紗香主演、 「アメリカ・魂のふるさと」(NHK BSHi, BS1)、「キャプテン・トキオ」渡辺一志監督、ウエンツ瑛士主演、 その他「Duet」「Seven's Face」「Nail」(WOWOW)等秋元康プロデュース番組多数。 またPANTA(頭脳警察)、中川五郎、制服向上委員会、石橋幸、泉谷しげる、他のレコーディングやライブに参加。 長らく車検切れだったKawasakiGPZ900R-A1で快走中。

石塚俊明

石塚俊明の画像 パーカッション/ギターシンセサイザ奏者。
69年日本ロック創成期の最重要バンド頭脳警察を結成。
以後、タジマハール旅行団、四人囃子、遠藤賢司、友川かずき、三上寛、灰野敬二、火取ゆき、石橋幸、 三上寛、 バサラ、友川かずき、福島泰樹短歌絶叫、緑化計画、ギャーティーズ、遠藤ミチロウ、他様々なジャンルのライブやレコーディングで活躍。 また自身のバンド「シノラマ」でも活動中。

岡嶋ブン善文

岡嶋ブン善文の画像 或る時はベースのブン。
また或る時は、ウクレレ若隊長クール長崎。
イカの一夜干し、よく焼いてくれ。



坂本弘道

坂本弘道の画像1962年、広島生まれ。チェロ奏者、他にボイス、ノコギリを奏する。様々なエフェクター類を駆使し、叩く、こする、回す、果ては電動ドリルやグラインダーでチェロから火花を散らすパフォーマンスまで、イメージの氾濫ともいうべき演奏は常に刺激に満ちている。「midori」(88年~92年)、少年マルタとの「echo-U-nite」(90年~01年)、石塚俊明(ex頭脳警察)の「シノラマ」を経て、ロケット・マツ主宰「パスカルズ」、チェロのみ3人のユニット「COTU COTU」、Lars Hollmer(from Sweden)と日本人音楽家とのユニット「SOLA」、大熊ワタル主宰「シカラムータ」等数々のバンドに名を連ねる。

河合徹三

河合徹三の画像1974年ザ・ラストショウにベースとして参加しライブ活動を始める。 1976年(日本コロムビア)レコードデビュー。「アリゲーター・ラジオ・ステーション」「ラストショウ2」 の二枚のオリジナルアルバムと、一枚のサウンドトラックアルバムをリリースした。またバンド活動とは別にベーシストとして多くのレコーディングに参加。ザ・ラストショウ解散後は、スタジオミュージシャンを続けつつ、アリス、杉田二郎、ふきのとう、中山美穂、島田歌穂などのコンサートのサポートも始める。ふきのとう、永井龍雲、高橋忠史などのレコーディングではアレンジも務める。最近の活動は、南こうせつ、中島みゆき、松山千春、鈴木康博、細坪基佳、浜田省吾、藤井フミヤ、ビギン、中村由利子、サムシング・エルス、高石ともや、マイク眞木、五つの赤い風船2000、などのレコーディングやコンサートをサポートし、細坪基佳、青木まり子のアルバムではプロデュースを手がけ楽曲も提供している。現在コンサートをサポートしている南こうせつのニューアルバムもプロデュースしている。バンド活動も盛んに行い、その中の一つアコースティック・カフェでは「アコースティック・カフェの水中散歩」(日本コロムビア)など5枚のアルバムをリリースしておりCD-ROM「空から見た日本vol.2」(シンフォレスト)では、全曲の作曲を担当している。2000年自らのソロ活動も開始し、2003年4月西岡たかしをプロデューサーに迎えソロアルバム「Trapezium」を発売した。2013年5月自身のユニット「TRI BARREL」で「詩のかけら」リリース。

小島英雄

谷源昌

大貫ハト沙織

Ashleigh Owens

©utacata